ベロンベロンになったおじさんのコンチェルト

ライバルとの競争に勝つための考え方

読了までの目安時間:約 2分

 

%e5%8b%89%e5%bc%b7

例えば会社の同僚や、学校のクラスメイトは仲のよい友だちにもなりえますが、基本的にはライバルといえます。まったく同じ行動をしていたら、ずっと同レベルのままだといえるでしょう。

しかし、学校や会社においては、評価は相対評価にて行なわれます。そのため、同僚やクラスメイトとの能力差で評価されるのです。仮に転校や転勤をしたとしても、その先にいる人たちと比較されます。

そのため、同僚やクラスメイトよりも努力することが高評価につながります。しかし、人間関係をないがしろにするわけにもいきません。なので、付き合いは続けつつ、空き時間を作って勉強時間を確保するようにします。

ポイントとしては、作業ごとに「いまやっている作業を1時間で完了させる」というような目標をたてます。そうすることで、作業の処理スピードがだんだん上がっていきます。トレーニングを続けることで100メートル走の記録が上がっていくのと同じです。

あとは、空いた時間を勉強などのスキルアップに使います。そうすることで、ライバルと差をつけることができるようになるのです。

 

Uncategorized   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: